月別:2019年04月

記事一覧
  • 平成から令和へ、平和の願いを込めて

    本日2019年4月30日で、元号が切り替わります。天皇の生前退位と新天皇の即位の儀式が行われています。NHKをはじめ民放テレビ各局が、特集番組を組んでいます。儀 ...

     2019/04/30

     徒然なるままに

  • スリランカでの多発自爆テロ発生

    スリランカで同時テロが発生しました。253人が死者となってしまいましたね。日本人の女性もホテルのレストランで家族で朝食中に自爆テロの被害で死亡しています。テロの ...

     2019/04/28

     徒然なるままに

  • いよいよ平成から令和に元号が変わります

    年号が「平成」から「令和」に5月1日に変更になります。天皇譲位と新天皇の即位に伴い元号も新元号に変更になります。年号なのか元号なのかは、現在ではどちらでも良いと ...

     2019/04/28

     徒然なるままに

  • 高齢者ドライバーによる事故は悲惨ですね

    池袋での87歳のトライバーによる交通事故は悲惨でしたね。31歳のお母さんと3歳の娘さんが死亡、運転手を含む男女八人が重軽傷を負った事故になってしまいましたね。事 ...

     2019/04/21

     徒然なるままに

ホームPage 1 / 512345

平成から令和へ、平和の願いを込めて

 
徒然なるままに

 

本日2019年4月30日で、元号が切り替わります。

天皇の生前退位と新天皇の即位の儀式が行われています。

 

Akihito.jpg

 

NHKをはじめ民放テレビ各局が、特集番組を組んでいます。

儀式の進行状況を生放送で中継しています。

 

特に、NHKは、年末年始の番組と同様の企画で「ゆく年くる年」を踏まえ、

「ゆく時代くる時代」の特集番組を編成しています。

 

平成時代から令和の時代への転換を時代の転換時と捉えています。

元号が変わっただけで、いろんなことが変わるわけではありません。

しかし、日本人の心には、なにか新鮮な感動が起こるようです。

日本人独特の感情なのでしょうか。

元号変更で10連休が続くのは、日本だけのことであり、

地球的には世界は休みなく変動し続けています。

この10連休の間にも世界では予期せぬ変動が起こるかもしれません。

油断せずに、世界情勢にも気配りする必要があります。

 

 

 

 

 

スリランカでの多発自爆テロ発生

 
徒然なるままに

 

スリランカで同時テロが発生しました。

253人が死者となってしまいましたね。

日本人の女性もホテルのレストランで家族で朝食中に自爆テロの被害で死亡しています。

 

スリランカ 爆発テロ

 

テロの背景には、IS(イスラム過激派集団)があるとのこと。

ISは、中東では勢力を急激に弱めていたように思われていました。

しかしながら、ISのメンバーやISのシンパがアジアの国々に分散潜伏しているようです。

 

スリランカといえば、セイロン紅茶で有名ですよね。

国名がスリランカに変更になる前はセイロンと言う国でした。

7割以上が仏教徒で、最近は治安の良い国で観光客に人気の国でした。

この国で、なぜこんな自爆テロが発生したのか。

しかも、自爆テロの家族は比較的裕福な生活を送っていた家庭とか。

一般的な貧困が原因のテロ行為ではなさそうとのこと。

 

ISがテロ活動をアジアにシフトしてきている可能性が大です。

 

日本でも対岸の火事ではありませんね。

『令和』への元号変更でお祝いムードで、人が集まりやすくなります。

10連休で空港や駅等での混雑があります。

また、大阪でのG20の開催、ラクビーの世界大会の開催。

 

2020年には、東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。

海外からの訪日客が今まで以上に増加します。

この中にテロリストが紛れ込んでいる可能性もあります。

入国審査の厳正化、テロの国際情報の収集、

ますます、テロに対する警備体制の強化が要求されます。

 

 

 

 

 

いよいよ平成から令和に元号が変わります

 
徒然なるままに

 

年号が「平成」から「令和」に5月1日に変更になります。

天皇譲位と新天皇の即位に伴い元号も新元号に変更になります。

 

reiwa1.jpg

 

年号なのか元号なのかは、現在ではどちらでも良いとのことです。

また、西暦に対して、元号を和暦とも呼称されます。

西暦以外に「年号」を今尚継承している国は、日本だけになっている。

と思っていたのですが、台湾と北朝鮮には残っているとのことです。

「元号」の起源は中国の王朝ですが、紀元前115年頃に前漢の武帝の治世から『建元』が

元号の始りということですが、1911年の清朝が倒される辛亥革命で一旦は廃止されました。

その後、紆余曲折があり、元号が復活していましたが、1945年の満州国の滅亡で、

中華人民共和国の創立により、元号は再び廃止されてしまいました。

 

日本は中国に習って、西暦645年に「大化」が、元号として

はじめて使われるようになりました。

日本史を紐解くと時の政権により、左右されてきたものの、元号は継承されてきています。

明治維新で成立した明治政府以降は、「一世一元の制」が定着化していますが、

日本でも、いろんな論争があったそうですが、1979年の『元号法』の成立で、

現在の法的根拠が確立されています。

今回の元号の『令和』は、通算で248番目の元号です。

 

和暦と西暦の表示に関しては、旅券(パスポート)、個人番号カード(マイナンバーカード)、

運転免許証、特許庁登録等で、併用表記が慣習化されています。

そして、国際化の進展で、西暦がメインで和暦が併記の方向に向かっているようですね。

なにはともあれ、2019年5月1日からは、新元号の『令和』が始まります。

日本では、新天皇の即位を祝い10連休となっています。

日本人にとっては、年末の年越しと同様のイベントとなるようですね。

この経済効果も大きく、景気回復の引き金になればよいのですが、、、。

 

 

高齢者ドライバーによる事故は悲惨ですね

 
徒然なるままに


 

池袋での87歳のトライバーによる交通事故は悲惨でしたね。

kourei-2.png

 

31歳のお母さんと3歳の娘さんが死亡、

運転手を含む男女八人が重軽傷を負った事故になってしまいましたね。

事故の原因の詳細は、運転者も怪我で入院治療中のために確定していませんが、

ガードレール接触後、パニック状態で、約150メートルの距離をハンドル操作もなく、

100Kmの速度でアクセルを踏み続けて暴走して、通行人を次々にはねていったようです。

最終は、ゴミ収集車を横転させていましたね。

 

korei-1.png

 

 

高齢者運転による事故が度々報道されています。

75歳以上の免許更新には、認知症の事前テストが義務付けられています。

これは、高齢者ドライバーの運転能力に疑義が生じつつあるからです。

 

日本の高齢化は、着実に推移しています。

 

feature01.gif

 

高齢化に伴い、75歳以上の高齢者ドライバーは今後ますます増えていきます。

 

feature02.gif

 

 

そんな中で、高齢者ドライバーによる事故率も増加しています。

 

feature11.gif

このグラフには若干のトリックがあります。

事故件数はほぼ横ばいなのに、全体の死亡事故件数が減って、

事故比率が増加傾向で推移していることを強調しています。

しかし、平成28年では、13.5%にまで、増えていますね。

 

高齢ドライバーには、運転免許の返上が勧められています。

運転能力が急激に低下する現象が生じるからです。

高齢者の運転で死亡事故を起こしてしまうと、

残りの人生は真っ暗となってしまいます。

そんな事にならないように、高齢者には運転免許返上が勧奨されているのです。

高齢者が運転するときは、

近距離、慣れた場所、安全速度等に限定した

安全運転をお願いしたいですね。

 

 

 

 

ホームPage 1 / 512345