新札情報を再録(ダイレクトコピー版)

 
徒然なるままに

20年ぶりに紙幣が新しくなるようですね。

新札のデザインの顔に選ばれたのは、

1万円札が渋沢栄一、五千円札が津田梅子、千円札が北里柴三郎となるようです。

明治維新以降の日本の実業や女子教育、医学研究のそれぞれの分野を切り開いた人物が選ばれています。

20年ぶりのデザイン変更となるようです。

具体的に登場するのは、2024年上期からとなっています。

 

japanese-yen-02.jpg

 

 

japanese-yen-03.jpg

 

japanese-yen-01.jpg

 

偽造紙幣を発見するための技術が随所に組み込まれているようです。

世界初の「3Dホログラム」が組み込まれるようです。

この1万円札の渋沢栄一に関して、韓国がクレームをつけているようですね。

なにかあるとクレームするのが韓国の常套のようで、内政干渉がお好きな国民ですね。

 

また、五百円硬貨もデザインが一新されます。

こちらは、2021年上期を目途に登場するようです。

二色三層の構造となっており、偽造防止の各種の技術が組み込まれています。

 

sk_coin_01.jpg

 

 

過去の紙幣に使われた肖像の変遷の画像がありましたので転載させていただきます。

 

20190409ax10S_t.jpg

 

女性尊重の意味もあり、樋口一葉に続いて、津田梅子が選ばれたようですね。

 

 

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL