米韓首脳会談は、実質たったの二分間でおわったようですね

 
徒然なるままに

米国のトランプ大統領と韓国の文在寅大統領が米国ホワイトで行われたが、

余りにも悲惨な結果となったようですね。

trbun.jpg

文在寅の要求を全て拒否

4月11日の米韓首脳会談は朝鮮日報が危惧したように首脳が膝を突き合わせて話し合う機会はなかったようですね。

両大統領と記者とのやりとりに時間が使われ、「夫婦同伴の首脳会談」でさえ2分間に終わったと韓国各紙は報じた。

それどころか会談自体が、記者団を前に文在寅大統領の要求をトランプ大統領がことごとく打ち砕いて見せる場となった。

気の毒なことになってしまったようですね。

韓国の日本に対する、嫌悪すべき諸施策を放置したままの文在寅が、4月11日に文在寅政権が肝入りで開く大韓民国臨時政府の発足100年記念式典の当日だったが、ワシントンに向かった文在寅大統領は参加できず、代わりに李洛淵(イ・ナギョン)首相が出席した。

そこまでして、開催された韓国側の期待度大の米韓首脳会談のはずだったにも関わらず、無残な結果となったということですね。

文在寅大統領は、北朝鮮の金正恩からも米朝会談の仲介役に値せずとの評価を受けていますよね。

国内的にも、経済の低迷、大学新卒者の就職率の悪化、多くの失業者等々と批判が高まっており、大統領の支持率も低下し続け、非支持率が支持率を逆転しています。

四面楚歌の文在寅政権は、今後どのような運命を辿るのでしょうか。

歴代の韓国の大統領の結末は、正常ではありませんよね。

刑務所行き、自殺、、、等々と大統領が変わると前大統領の罪を問われるという異常国家としか思えませんが、、。

改めて、韓国に関して

今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】
百田尚樹
飛鳥新社 (2019-03-01)
売り上げランキング: 105

読み直してみたいと思います。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL