タグ:高齢者ドライバー

記事一覧
  • 運転免許証の自主返納で、運転経歴証明書を

    高齢者ドライバーの交通事故が連日マスコミを賑わしています。ブレーキとアクセルを踏み間違って暴走・衝突・事故となっています。これを機会に私も自主的に免許証を返納す ...

     2019/06/09

     徒然なるままに

  • 高齢者ドライバーによる事故は悲惨ですね

    池袋での87歳のトライバーによる交通事故は悲惨でしたね。31歳のお母さんと3歳の娘さんが死亡、運転手を含む男女八人が重軽傷を負った事故になってしまいましたね。事 ...

     2019/04/21

     徒然なるままに

運転免許証の自主返納で、運転経歴証明書を

 
徒然なるままに

 

高齢者ドライバーの交通事故が連日マスコミを賑わしています。

ブレーキとアクセルを踏み間違って暴走・衝突・事故となっています。

これを機会に私も自主的に免許証を返納することにしました。

運転経歴証明書

 

70歳を超えると高齢者ドライバーの講習があります。

そして、免許証の更新が三年ごとになります。

75歳を超えると認知症の検査があり、この検査結果を踏まえて、上記の高齢者ドライバーの講習があります。

 

70歳を超えると運転免許証の取得に関して、

いろいろなガードが設定されています。

しかしながら、残念なことに高齢者による悲惨な交通事故が発生しています。

 

自損事故も勿論絶滅すべきですが、

他人を巻き込む重大交通事故は絶対に防止しなければなりません。

 

事故防止のためには、自動車側にも各種の事故防止機能が装備されるようになってきました。

これにより、事故は徐々に減少していくは思いますが、

すべての自動車に事故防止装置が装備されるには相当の時間が必要です。

そこで、高齢者に運転させないことが重要です。

自動車がないと困る地域もあり、

一律に免許の発行を停止することは無理があるとの意見もあります。

都市部で交通が発達している地域では、公共交通機関を利用すべきでしょう。

 

そのために、運転免許証の「自主返納」が推奨されます。

運転免許証の自主返納の手続きは、簡単で管轄の警察署で返納手続きが可能です。

免許証が有効な期間に自主返納すれば、

希望すれば「運転経歴証明書」を発行してくれます。

運転免許証が「身分証明書」の代わりに使われている実情を踏まえて、

「運転免許証」の代わりとして「運転経歴証明書」が利用できるということです。

都道府県や市町村によっては、この「運転経歴証明書」の提示で、

各種の特典が得られる場合もあるとのことです。

「事故を起こす前の自主返納」ということです。

 

 

 

 

 

 

高齢者ドライバーによる事故は悲惨ですね

 
徒然なるままに


 

池袋での87歳のトライバーによる交通事故は悲惨でしたね。

kourei-2.png

 

31歳のお母さんと3歳の娘さんが死亡、

運転手を含む男女八人が重軽傷を負った事故になってしまいましたね。

事故の原因の詳細は、運転者も怪我で入院治療中のために確定していませんが、

ガードレール接触後、パニック状態で、約150メートルの距離をハンドル操作もなく、

100Kmの速度でアクセルを踏み続けて暴走して、通行人を次々にはねていったようです。

最終は、ゴミ収集車を横転させていましたね。

 

korei-1.png

 

 

高齢者運転による事故が度々報道されています。

75歳以上の免許更新には、認知症の事前テストが義務付けられています。

これは、高齢者ドライバーの運転能力に疑義が生じつつあるからです。

 

日本の高齢化は、着実に推移しています。

 

feature01.gif

 

高齢化に伴い、75歳以上の高齢者ドライバーは今後ますます増えていきます。

 

feature02.gif

 

 

そんな中で、高齢者ドライバーによる事故率も増加しています。

 

feature11.gif

このグラフには若干のトリックがあります。

事故件数はほぼ横ばいなのに、全体の死亡事故件数が減って、

事故比率が増加傾向で推移していることを強調しています。

しかし、平成28年では、13.5%にまで、増えていますね。

 

高齢ドライバーには、運転免許の返上が勧められています。

運転能力が急激に低下する現象が生じるからです。

高齢者の運転で死亡事故を起こしてしまうと、

残りの人生は真っ暗となってしまいます。

そんな事にならないように、高齢者には運転免許返上が勧奨されているのです。

高齢者が運転するときは、

近距離、慣れた場所、安全速度等に限定した

安全運転をお願いしたいですね。